お取り寄せ グルメ

奥土農場パンの通販(お取り寄せ)や場所は?奥土盛久の経歴やプロフィールも紹介!【情熱大陸】10月13日

投稿日:

情熱大陸で、北海道のニセコで奥土農場石窯パン工房というお店を営なんでいる、農家でありパン職人でもある奥土盛久さんが特集されました。

奥土農場石窯パン工房のパンは、奥土盛久さんが自ら農場で作った北海道産の小麦や野菜を使って作っていて、更に石窯も奥土盛久さんの手作りで、その石窯で焼かれるパンは香ばしくて美味しいと評判なんだそう。

ただ、北海道のニセコにあるお店なので、近くの方以外は食べたくても、そう簡単には買いにいけませんよね。

そこで、今回は情熱大陸で紹介された奥土農場石窯パン工房のパンの通販やお取り寄せでの購入方法や、お店の場所などの詳細を調べてみました。

更に奥土農場石窯パン工房を営む奥土盛久さんの経歴やプロフィールも紹介します。

奥土農場石窯パン工房/パンの通販やお取り寄せでの購入方法【情熱大陸】

情熱大陸で紹介された奥土農場石窯パン工房のパンは外部通販サイトによる購入はできません。

直接、奥土農場石窯パン工房にお取り寄せの注文をする事によって購入する事ができます。

ではその奥土農場石窯パン工房にお取り寄せの注文をする方法を紹介します。

奥土農場石窯パン工房へのお取り寄せの注文方法

奥土農場石窯パン工房へのお取り寄せの注文方法は下記の3通りの方法があります。

  • 郵便振替
  • ファックス
  • E-mail

 

郵便振替での注文方法

郵便局の備え付けの用紙に必要事項を記入し、通信欄に注文内容を明記してください。

注文できる石窯パンについては、目次の「奥土農場石窯パン工房の注文できる石窯パンのメニューと価格」をご覧ください。

 

ファックスまたはE-mailでの注文方法

ファックスまたはE-mailで注文する場合は、奥土農場石窯パン工房ご注文ホームを印刷またはコピーしてご利用いただくと便利ですよ。

 

奥土農場石窯パン工房へのお支払い方法

奥土農場石窯パン工房へ注文した商品のお支払い方法は郵便振替になります。

また入金確認後の発送となるので、入金出来ていないといつまで経ってもパンが発送されないのでお気を付けください。

郵便振替口座はこちら↓↓

口座番号:02780-9-48288

加入者:奥土 盛久(オクツチ モリヒサ)

奥土農場石窯パン工房へのお取り寄せ注文における注意点

  • 農場での作業状況により、発送までに時間がかかる場合あり。
  • 入金確認後、1週間程度の時間がかかる。
  • 注文から手元に届くまで10日~2週間程かかることがある。
  • 春、秋の農繁期は特に余裕をもっての注文がおすすめ。
  • 時期により取り扱い商品が変わる。
  • 価格は予告なく変更することがある。

奥土農場石窯パン工房は少人数で作業をされているので、上記注意点を理解した上でご注文してください。

 

奥土農場石窯パン工房の注文できる石窯パンのメニューと価格

ライ麦パン:480円/個

自家栽培ライ麦100% 3枚入り:320円

ライカンパーニュ:480円/個

田舎パン:460円/個

開拓者のパン:520円/個

黒豆パン:480円/個

とうもろこしパン:価格不明

かぼちゃパン:420円/個

黒糖コッペパン 2個入:280円

フォカッチャ:350円/個 ※日持ちしません

ぶどうくるみパン:520円/個

お楽しみミニパンセット① 3種類入り(黒豆パン・とうもろこしパン・かぼちゃパン):630円

お楽しみミニパンセット② 3種類入り(玄米パン・くるみパン・かぼちゃパン):630円

奥土農場お楽しみセット 下記のパン各1個ずつ:3,000円

・ライ麦パン
・ライ麦100%
・田舎パン
・ぶどうくるみパン
・お楽しみミニパンセット①
・お楽しみミニパンセット②

2019年10月13日時点でのメニューと価格になります。

Twitterで奥土農場石窯パンの画像を載せておられる方がいたので、参考までにご覧ください。

送料

北海道:1,150円

東北:1,460円

関東・信越:1,570円

北陸・中部:1,680円

関西:1,900円

中国・四国:2,000

九州:2,220円

沖縄:2,870円

箱100cmまで

※道外は、5月~10月に限りクール便での発送になり、料金追加がかかります。(80cm以内:220円、100cm以内:330円)

奥土農場石窯パン工房のお店の場所など詳細

  • 店名:奥土農場(おくつちのうじょう)
  • 住所:北海道虻田郡ニセコ町近藤421
  • 電話番号:0136-44-1095
  • 営業時間:10:00~18:00
  • 定休日:不定休
  • 席数:11席(カウンター7席 テーブル席4人用×1)
  • 駐車場:有
  • アクセス:車で、倶知安から左折レーン手前 、真狩から右折地点、ニセコから左折地点

 

奥土農場石窯パンの口コミ

みんなそれぞれ好きなパンの種類は違えど、奥土農場のパンは好評です☆

奥土農場石窯パン工房/奥土盛久の詳細【情熱大陸】

奥土盛久のプロフィール

  • 名前:奥土盛久(おくつちもりひさ)
  • 出身地:兵庫県神戸市
  • 生年月日:1950年生(2019年10月時点 69歳)
  • 出身大学:酪農学園大学卒業
  • 職業:農家、パン職人

奥土盛久の家族

  • 妻:敦子さん(65歳)
  • 息子:雄己さん(31歳)
  • お嫁さん:雅代さん(29歳)

ご家族みんなで協力して農場とパン工房を営んでいるんですね。

奥土盛久の経歴

情熱大陸で特集された奥土盛久さんがパンの道に進む最初のきっかけになったのが、酪農学園大学を卒業し、大学卒業後に農業研修でドイツに行き、地方都市で食べたライ麦パンと出会いが現在の奥土農場石窯パンのベースになったそうです。

その後3年かけて東欧をまわり、奥土盛久さんが26歳の時に牛飼いをするため神戸から北海道の占冠(しむかっぺ)村に入植し、農地を開墾して作物を育てる生活をされていました。

平成2年の4月には北海道の占冠村ニニウからニセコ町に移り、今から20年前に奥土農場石窯パン工房を開かれました。

転居の理由としては占冠村では、リゾート開発が始まり、トマムとは反対側のニニウの山の中でも、農家として自分の土地をもつことが難しくなったからだそうです。

もっと広く牛を飼える場所を探していた時現在の場所を見つけることができたそうです。

現在は奥さんと息子夫婦の家族4人で農場とパン工房を365日休み無しで切り盛りされています。

神戸市も場所によっては田舎ですが、環境が全然違う北海道に思い切って住むことにした行動力には尊敬しかありません。

奥土農場パンの通販(お取り寄せ)や場所は?奥土盛久の経歴やプロフィールも紹介!【情熱大陸】のまとめ

情熱大陸で紹介された奥土農場の石窯パンは奥土盛久さんが作った安全な材料を使って作っている為、小さなお子様にも安心して食べさせることができますね☆

今回情熱大陸で紹介された事で注文が殺到する可能性もありますが、ご家族4人で切り盛りされているので、もし通常より注文してからパンが届くのに時間がかかっても、温かい気持ちで気長に待ちましょう!

皆さんも一度奥土農場の石窯パンを注文してみてはいかがですか?

以上、奥土農場パンの通販(お取り寄せ)や場所は?奥土盛久の経歴やプロフィールも紹介!【情熱大陸】のまとめでした。

-お取り寄せ, グルメ

Copyright© はるのホタル , 2020 All Rights Reserved.