スポーツ 大相撲

大相撲2019年7月場所/鶴竜が優勝!優勝回数やプロフィールは?7月21日

投稿日:

2019年の大相撲7月場所で鶴竜が千秋楽に白鵬を破り見事幕内最高優勝を果たしました!

今場所の鶴竜は場所前に腰痛を発症し、更に腰を悪くしないようにするには、あまり引かない相撲を取った方が良いとされ、それが功を奏し鶴竜の引き癖が出ずに良い相撲を取り続ける事ができたようです。

本当に引きさえしなければ、相撲が上手い力士なので、これからも今場所みたいな相撲を取り続けて欲しいですね!

今回はそんな鶴竜の大相撲幕内優勝の回数やプロフィールを紹介します。

大相撲/鶴竜の幕内優勝の優勝回数は?

鶴竜の大相撲幕内優勝の優勝回数は2019年7月場所を合わせて、6回目

V6達成です!!

どうしても白鵬と比べると少なく見えてしまいますが、日本人の関取が幕内優勝を1回するのもやっとのことなので、6回でも十分すごいです!!

鶴竜もベテラン力士ですが、これからも横綱として、常に優勝争いを演じて欲しいですね☆

鶴竜の幕内優勝歴

  • 2014年3月場所
  • 2015年9月場所
  • 2016年11月場所
  • 2018年3月場所
  • 2018年5月場所
  • 2019年7月場所

2014年に幕内で初優勝してから、2017年だけ1場所も優勝する事ができませんでしたが、それ以外の年は最低でも1回は優勝しています。

 

大相撲2019年7月場所優勝の鶴竜のプロフィール

  • 四股名 鶴竜 力三郎(かくりゅう りきさぶろう)
  • 本名 マンガラジャラブ・アナンダ
  • 出身地 モンゴル・スフバートル
  • 生年月日 昭和60年8月10日(2019年7月時点 満33歳)
  • 身長 186.0cm
  • 体重 161.0kg
  • 血液型 A型
  • 得意技 右四つ・下手投げ
  • 所属部屋 井筒部屋
  • 初土俵 2001年11月場所
  • 新入幕 2006年11月場所
  • 番付 第71代横綱
  • 趣味 スポーツ観戦

鶴竜はモンゴル人力士としては珍しく、控えめな性格であまり感情を表にだすタイプではありません。穏やかで礼儀正しく、どちらかというと日本人より日本人らしい性格をしています。

でも内側に秘めた闘志を持っていて、優勝がかかるような重要な1番で負けた時は土俵を降りてから感情を露わにすることもあるようです。

大相撲2019年7月場所/鶴竜が優勝!優勝回数やプロフィールは?のまとめ

2019年の大相撲7月場所で白鵬に勝ち優勝した鶴竜には、ゆっくり休んで痛めている腰をしっかり治して来場所も素晴らしい相撲を見せてもらいたいです。

腰が治ってからも引かない今場所のような相撲をこれからも期待したいですね!

以上、大相撲2019年7月場所/鶴竜が優勝!優勝回数やプロフィールは?のまとめでした。

-スポーツ, 大相撲

Copyright© はるのホタル , 2020 All Rights Reserved.