気になる情報

10月22日は休み?理由や来年以降はどうなるかも紹介!

投稿日:

2019年10月22日(火)が、カレンダーを見ると「即位礼正殿の儀」と書かれていて、カレンダーによっては日付が赤文字になっているものと、数字は黒字で「即位礼正殿の儀」という文字だけが赤字で書かれていたり、なにも書いていないカレンダーも私は見つけました。

10月の祝日といえば「体育の日」で、2019年でいえば10月14日(月)になります。

その体育の日が過ぎれば、10月の休みは土日以外はないと思ってカレンダーを見たら、あれ?っと思った方結構おられるのではないでしょうか?

私もその1人で、しかも前述したようにカレンダーによって表記が違うので、余計に混乱しました。

そこで、今回は2019年10月22日(火)が会社や学校が休みになる国民の祝日となるのか?

その理由や来年以降も10月22日は休みとなるのかを調べてまとめました。

2019年10月22日(火)は休み?

結論から言うと、2019年10月22日(火)は学校や会社などは、通常お休みとなります。

ではその理由を調べたので、紹介します。

2019年10月22日(火)が休みの理由は?

内閣府のホームページで調べてみたところ「即位礼正殿の儀」が行われる2019年10月22日(火)は、皇室典範特例法(平成29年法律第63号)で、天皇の即位に際し、国民こぞつて祝意を表するため、国民の祝日となると記載されていました。

カレンダーによって何も記載されておらず平日扱いになってるのは、おそらく2019年のカレンダーを制作してる段階で、「即位礼正殿の儀」の日程が公表されていなかったのかもしれませんね。

 

即位礼正殿の儀はどんな儀式?

即位礼正殿の儀は、皇居宮殿・正殿松の間で執り行われる、天皇が自らの即位を国の内外に宣明する儀式です。

この儀式には、国内外から賓客が招かれ、国外からは国家元首や首脳が招かれます。

おそらく東京はこの日、大阪サミット以上の交通規制がかかると思うので、事前に確認しておきましょう。

10月22日は来年以降も祝日になる?

「即位礼正殿の儀」は令和に元号が変わった2019年しか行われない為、来年以降は平日となります。

元号が変わった2019年は、休みが多い年となりましたね。

 

10月22日は休み?理由や来年以降はどうなるかも紹介!のまとめ

休みじゃないと思ってた日が休みになると、すごく得した気持ちになりませんか?

私は10月22日が完全に平日だと思っていたので、何をして過ごすかワクワクしながら考えています。

ただ子供の学校があると思ってたお母さんは、逆にショックを受けているかもしれませんね。

もちろんですが、給食はないのでお昼ご飯いりますよ!

以上、10月22日は休み?理由や来年以降はどうなるかも紹介!のまとめでした。

-気になる情報

Copyright© はるのホタル , 2020 All Rights Reserved.